ABOUT HEXAHEXAについて

日本円だけでNFTの発行や売買ができる日本初のNFTマーケットプレイスです。クレジットカード決済でPCスマホから簡単にNFTを購入できます。仮想通貨やウォレットは一切不要で、すぐにNFTを購入したり、売却したり、発行できます。HEXAメタバースと連動し、NFTはHEXA住民票NFTがあれば自分のメタバース部屋に飾ることもできます。

HEXAとは
  • 最大級のマーケット

    C2C型のNFTマーケットプレイスとして日本最大級

  • 日本円完結

    仮想通貨は一切不要
    すべて日本円で完結

  • SNSコミュニティ

    SNSとの
    シームレスな接続

  • HEXAメタバース

    購入したNFTを
    飾って楽しめる

デジタル資産NFTとは

NFTはNon-Fungible Token(代替不可能なトークン)の略称であり、デジタルデータの所有権をブロックチェーン上に記録することで、これまではコピーして無数に複製ができたデジタルデータを1つだけに特定し、移転・売買できるようにしたものです。美術品などと同様に新たな資産として注目されています。

  • 森重真人選手のツイートNFTオークション
  • HEXA LAND NFT 4th SALE
  • サンミュージックお笑い芸人のコントNFT

MERITなぜHEXAで発行するのか?

  • 日本円完結

    日本円での販売が可能で、購入者も日本円で転売できます。そのため、仮想通貨なしで日本円でNFTの売買ができ、購入者層の幅が広がります。

  • ロイヤリティ

    HEXAで転売されても継続して著作者に収益が入り続けます。将来値段が高騰した場合も恩恵を受けることができます。

  • メタバース空間

    HEXA独自のメタバース空間に保有するNFTを飾って楽しんだり友人を招待することができ、保有や転売をするだけではない楽しみ方があります。

  • 袋とじNFT

    NFT保有者だけが見れる、メッセージや画像を入れた袋とじ・トレカ型のNFTを発行することができます。

  • SNS拡散性

    ツイッターアカウントリンクを入札者・保有者ページに表示することができ、誰が入札・購入したかが一目瞭然となり、話題を集めることができます。

  • 仮想通貨・ガス代不要

    HEXA(ヘキサ)ではNFTの販売のために仮想通貨やウォレット、ガス代は不要です。また、販売収益も円で受け取りが可能ですので、仮想通貨による取引がないため、複雑な仮想通貨の会計処理も不要です。なお、仮想通貨決済を行われる場合は、ガス代及び仮想通貨が必要です(日本円決済で完結されたい場合、一切不要です)

作品やツイートをNFTとして
ファンと共有

既に所有している作品・ツイートを
NFT化するだけで始められます。

HEXAメタバースの部屋事例

FAQよくある質問

HEXAにログインするツイッターアカウントを変更したい
HEXAをご利用されているウェブブラウザで、ツイッターサイトに戻り、ツイッター上でアカウント切り替えを行います。その後、HEXAに戻ってログアウト・ログインを行うと、ツイッターログイン中のアカウントで認証・ログインが可能となります。
よくあるケースですが、メールからリンクをクリックされますと、通常お使いのブラウザではなく、メールアプリ内ブラウザが開かれます。そのメールアプリ内ブラウザで別のツイッターアカウントでログインされているケースがございます。この場合、該当のリンクをクリックして既にHEXAにログインいただいている別のブラウザでお試しいただくか、メールアプリ内ブラウザでツイッターを開き、アカウントを切り替えてHEXAに再ログインをいただけますと幸いです。
購入したNFTの出庫に手数料やガス代はかかりますか?
発行時に購入したNFTの出庫に手数料やガス代は一切かかりません。NFTを購入者様のウォレットに送付させていただくGAS代はHEXAが負担しています。
袋とじコンテンツは2次流通での購入者も確認できますか?
2次流通での購入者も確認できます。その時点でNFTを保有されている方であればウォレット認証またはツイッターアカウント認証で確認可能となっております。
袋とじコンテンツは転売したら見れなくなりますか?
NFTを転売してしまうと袋とじコンテンツをNFTページ上で確認することはできなくなります。なお、袋とじコンテンツのデータは個人で楽しまれる分については、データの保存などは禁止しておりません。もちろんそれをSNSなどで公にすることはNFTの価値が棄損してしまいますので、禁止しております。
ロイヤリティとは何ですか?
ロイヤリティとは、HEXA内で日本円でNFTが転売されたときに初期発行者(著作者)に支払われる報酬のパーセンテージです。転売金額×ロイヤリティが転売時の売却金額から差し引かれ、継続的に支払われます。これによって転売マーケットで高値が付けば、著作者は継続的に恩恵を受けることができます。また、転売者も転売によって著作者をサポートすることができます。なお、ロイヤリティはHEXAも他のマーケットと同様に、どこでも転売できるブロックチェーンの性質上、発行マーケットプレイス以外での取引ではロイヤリティは適応されません(これはHEXAに限りません)。
日本円の先着販売のNFTを購入したいが、どうしたらいいか分かりません。
日本円先着販売のNFT購入はクレジットカードで簡単に購入できます(クレジットカードの3Dセキュア認証が必要です)。ツイッターアカウント認証を行い、表示させたいニックネームとツイッターアカウントのリンクを張るかどうかを選択していただき、簡単3ステップで購入完了となります。購入ガイドはこちら
オークションに日本円で入札して購入したいが、どうしたらいいか分かりません。
日本円オークションで販売されているNFTであれば、日本円での入札が可能です。初心者ガイドはこちらです。200万円以下であればクレジットカード決済、200万円超の場合は銀行振り込みでの決済が可能です。
HEXA NFTで購入できるものは何ですか?
デジタル資産NFTの所有権の販売となります。ツイートNFTの場合もツイートはそのままインフルエンサーのアカウントに残ります。インフルエンサーのアカウントが何らかの理由によりTwitter社から凍結・削除された場合などにツイートそのものが消えてしまう可能性はありますが、ツイートのデジタル資産NFTは残り、引き続き所有することができます。なお、購入対象は作品やツイートのデジタル資産NFTであり、作品やツイートに含まれる文字列や写真の著作権はインフルエンサーに帰属します。該当NFTに対してインフルエンサーが認めて発行したNFTを保有することで、インフルエンサーの1つのNFTに対して1人の保有者という、1対1の保有関係を築くことができます。あなた1人がそのNFTを購入したことをインフルエンサーは知ることになります。さらに、あなたが保有していることをインフルエンサーだけでなく他のファンにも認知してもらうことができます(ニックネームと任意でツイッターリンクを掲載できます)。
NFTとは何ですか?
デジタルデータの所有権をブロックチェーン上に記録することで、容易にコピーが可能なデジタルデータの所有権を一意に特定し、且つ売買できるようにしたもので、NFTはNon-Fungible Token(代替不可能なトークン)の略称となります。デジタル資産NFTは、美術品などと同様に新たな資産として注目されています。
HEXA NFTを保有するとどうなりますか?
インフルエンサーが発行したデジタル資産NFTを所有することができます。また、HEXA NFTの保有者は、オークションで直接購入した場合であっても、マーケットプレイスで購入した場合であっても、HEXA NFTページに対象ツイートの保有者としてニックネーム(自由に設定可能)と任意でツイッターリンクを掲載(ツイッター認証が必要です)することができます。そのため、インフルエンサーやファンにそのNFTを保有していることを認知してもらうことができます。また、HEXA NFTの保有者は日本円で転売することも可能です。
ブロックチェーンには何が記録されていますか?
トークン名やメタデータなどが記録されており、メタデータから作品や該当ツイートURL、該当ツイートの内容などが分かるようになっています。また、そのほかにもなりすましを防止するための情報なども含まれており、セカンダリーマーケット(二次流通市場)での取引の信頼性・安全性を担保しています。より技術的な情報が知りたい方はこちらをご確認ください。
どうやって購入したらよいですか?
クレジットカードでの決済または、仮想通貨(XYM、ERC20トークンであるWETH(ラップドイーサ)、WMATIC(ラップドマティック))でオークション入札に参加して購入が可能です。購入のためにはツイッターアカウント認証、メールアドレス認証、ウォレット認証、残高認証が必要です、また、購入のためにMetaMaskなどのウォレットが必要になります。MetaMaskのダウンロードとインストールはこちらから。
MetaMaskとは何ですか?
MetaMask(メタマスク)は、2016年にブロックチェーンソフトウェア会社「ConsenSys(コンセンシス)」によって制作された仮想通貨イーサ用ウォレットの1つです。ウォレットとは、厳密にはブロックチェーン上のアドレスと秘密鍵を管理するためのツールですが、簡単に理解するために、銀行口座を管理するようなアプリだと思っていただくと分かりやすいです。ウォレットを導入することで、仮想通貨の入金・送金、NFTの受け取りが簡単にできるようになります。MetaMaskのダウンロードとインストールはこちらから。オススメのPC版のGoogle Chromeブラウザ版MetaMaskの導入方法の解説記事はこちら
購入したHEXA NFTは転売していいですか?
デジタル資産NFTは自由に転売することが可能です。HEXA内で日本円で転売することが可能です。
オークションとは何ですか?入札とはなんですか?
オークション方式での販売では、指定されたオークション期間に、希望の購入価格で購入の意思表示(入札)の募集を行います。その期間内に最も高い有効な購入価格で最も早く購入意思表示を行った方1名がその購入希望価格でHEXA NFTを購入することができます。
オークションに入札するにはどうすればよいですか?
円決済オークションの入札はTwitterアカウント認証、メール認証の2段階認証によって完了できます。なお、仮想通貨決済オークションへの入札はTwitterアカウント認証、メール認証、ウォレット認証、残高認証の4段階認証によって完了できます。ウォレット認証のためにMetaMask等のウォレットが必要です。MetaMaskのダウンロードとインストールはこちらから。仮想通貨決済オークション入札の詳しい流れはこちら。円決済オークション入札の詳しい流れはこちら
Twitter認証が必須ですが、Twitterリンクを表示させたくないです
入札時に「保有者名・入札者名にTwitterリンクをつける」にチェックをされなければ、ツイッターリンクが入札履歴に表示されることはございませんのでご安心ください。なお、Twitter認証は、入札のいたずらを防止するために本人確認のため実施しております。この認証をすることで私達のサービスが入札者様のアカウントに操作などをすることはございません。
仮想通貨オークションのウォレット認証・残高認証とはどういうものですか?
仮想通貨オークションの入札時、ウォレット認証を行い、口座残高チェック(残高認証)も自動で行っております。本人確認と残高チェック以外にウォレット操作は一切行っておりませんし、入札時の引き落としもありません。そのため、ウォレット認証・残高認証をしたからといって残高が減ったり、またはウォレットの設定が変わったりすることは一切ありませんのでご安心ください。
入札時に入金は必要ですか?
入札時に送金いただく必要は一切ありません。
入札するとどうなりますか?

オークションに入札いただいた方は、ニックネーム(自由に設定可)とツイッターリンク(任意で設置可)を入札ランキングに表示することができます。ページを読み込むたびに最新の入札状況が自動更新されます。最高落札者となって落札ができなかったとしても、入札履歴はHEXA NFTページにずっと残り続けます。なお、入札者名(ニックネーム)は同じTwitterアカウントで1つだけです。そのため、過去にAというニックネームで入札し、同じTwitterアカウントで次にBというニックネームで入札した場合、過去のAというニックネームもBに更新されます。

オークションに入札すると残高は減りますか?
オークションへ入札する段階では残高が減ることはありませんのでご安心ください。最も高い購入価格で最も早く入札された場合に購入が確定し、入金いただくことで残高が減少します。なお、入札完了後のキャンセルはできませんので、その点だけご注意ください。
コントラクトの詳細とシンボルは何ですか?
トークン標準はERC721に準拠したNFTとなっており、コントラクトはHEXA NFT/HEXA NFT MATIC、シンボルはHEXA/HEXANFTになります。一般的なNFTと同様、MetaMask上ではすべてHEXAと表示されます。HEXA NFTの中身はHEXA NFTページで確認することができます。また、もちろんブロックチェーン上からEtherscan/PolyscanなどでNFTを確認することも可能です。
HEXA NFTカードとは何ですか?
MetaMaskなどのウォレットアプリでHEXA NFTが表示される際、画像として表示されるものです。HEXA NFTカードには個別のトークンに紐づくHEXA NFTページのQRコード及び、HEXA NFT IDが表示されています。これにより、たとえ悪意のある第三者がHEXA NFTそのものをコントラクトからトークンまで完全にコピーして作成したとしても、HEXA NFTカード内に記載されているQRコード及びIDからHEXA NFTページを参照することで、本物のNFTを証明することができるようにしたものです。もっと詳しくはこちら
Open Seaとの連携について
HEXA NFT MATICについてOpen Seaとの自動連携がOpen Sea側の都合により停止となっております。NFTはブロックチェーンのリンクから確認できます。NFT自体に問題が起きてることはありませんので、ご安心ください。HEXAでも仮想通貨決済の対応も予定しております。なお、Open Seaとの連携停止についてはこちらをご確認ください。また、それに伴いOncyberはNFTをブロックチェーン情報ではなくOpen Seaのサーバーから情報取得して表示されているため、出庫されてもOncyberで表示されなくなっております。
HEXAではスマホアプリは提供しておりません
HEXAではAndroidやiPhoneアプリは提供しておりませんのでご注意ください。HEXAと名の付くスマホアプリとは一切関係ございません。HEXAのサービスはNFTマーケットプレイスHEXAHEXAメタバース(α)です。
販売総額とインフルエンサーに支払われるお金の流れを詳しく知りたい

HEXA NFTという商品の販売になりますので、消費税が発生します。MATICチェーンNFTの場合のHEXA手数料は20%、イーサリアムチェーンNFTの場合のHEXA手数料は30%となります。

<インフルエンサーが国内在住の方の場合(MATICチェーンNFTの場合)>

販売総額:110 %(税込)=100%(税別)
消費税:2%(8%分はインフルエンサーに支払い相殺) → 税務署
手数料:20% → HEXA
手取り:80%+8%(消費税) → インフルエンサー(消費税納税義務がある場合、8%を消費税として支払い)

<インフルエンサーが海外在住の方の場合(MATICチェーンNFTの場合)>

販売総額:110 %(税込)=100%(税別)
消費税:10% → 税務署
手数料:20% → HEXA
手取り:80% → インフルエンサー

ナイスを押して再読込すると押されてないときがある
アクセス対策のためサイト表示の情報更新に数十秒から最大約1分の時間差があります。ナイスを押してすぐページ再読込すると、ナイスが押されていない見た目になることがありますが、記録されており、数十秒後に再読込で更新されますので、ご安心いただけますと幸いです。
iPhoneで3Dデータがクラッシュする場合がある
iOSのバグでiPhoneですとChrome,Safari,FirefoxなどいずれのブラウザでもクラッシュしてしまうGLP形式の3Dデータがございます。そのため、3Dデータがクラッシュした場合はiPhone以外の端末からご確認いただけますと幸いです。iOS側で問題が修正され次第表示されるようになります。また、スマホ端末のメモリ容量がオバーして表示できない場合もございます。
より技術的な情報が知りたい
より技術的な情報が知りたい方はこちらをご確認ください。