ツイートNFT発行のメリットと方法・手順

       

ツイートNFTとは

ツイートNFTとは、自分の行ったツイートの所有権のようなもの(NFT)となります。ツイートのNFTを発行して販売したからといって、自身のNFT化したツイートが他の誰かに移動してしまうわけではありません。NFT化したツイートは自身のアカウントに残り、またそのツイートを削除することも可能です。

では、ツイートNFTとはいったい何なのでしょうか。NFTとはNon-Fungible Token(代替不可能なトークン、非代替性トークン)の略称であり、デジタルデータの所有権をブロックチェーン上に記録することで、容易にコピーが可能なデジタルデータの所有権を一意に特定し、且つ売買できるようにしたものです。すなわち、所有者を示す登記簿のようなもので、ツイート自体が発行者のアカウントに残っていたとしても、ツイートした本人が発行したツイートNFTであれば、その所有者がそのツイートは自分のものと公言できるというものとなります。デジタル資産NFTは、美術品などと同様に新たな資産として注目されています。

ツイートNFT

ツイートNFT発行者(インフルエンサー)のメリット

誰でも簡単に発行できる

ツイートNFTは、だれでも簡単に発行できるという点がメリットとなります。デジタルアートのNFTなどであればアートを描いたりする必要がありますし、音楽のNFTや動画のNFTでもそういった特定の才能が必要になります。主にクリエイターがこれまでのNFT発行者としては主流でした。しかし、ツイートという誰でも簡単にできるSNS投稿をNFT化することで、だれでもNFTを発行できるようになります。

NFT販売を通じて収益を得ることができる

発行者はツイートNFTを発行して販売することで、その販売収益を得ることが可能になります。原価も発行手数料や取引手数料のみとなり、販売額の多くがそのまま収益になるメリットがあります。

将来を見込んで応援してくれる新しいファン層が獲得できる

ツイートNFTの発行者が将来より有名になって成功を収めれば、過去に発行したツイートNFTが値上がりする可能性があります。そのため、初期段階から将来を見込んで投資としてツイートNFTを購入してくれる、新しいファン層の獲得ができます。ツイートNFTの購入者は、ツイートNFT発行が成功することで経済的にメリットを受けられるため、これまで以上に成功を応援してくれるファンが増える可能性があります。


ツイートNFT購入者(ファン)のメリット

投げ銭(消費)ではなく投資になる

ツイートNFTの購入者は、ツイートNFTを購入することで、デジタル資産NFTというかたちでインフルエンサーのツイートの一部を保有することになります。NFTの特性上、マーケットプレイスでいつでも売買可能です。そのため、投げ銭などと違ってお金を支払って終わりではなく、継続的にツイートNFTというデジタル資産を所有することができます。そして、ツイートNFTは後者が将来より有名になって人気になれば、それに伴ってツイートNFTの価値が向上し、利益を得ることができる可能性があります。

NFTを発行するケース
購入したNFTが値上がりするケース

ツイートに対して1対1の関係になれる

1つのツイートNFTは、1人のファンが所有することとなります。また、所有者は自分の好きなニックネーム、そして任意で自分のツイッターリンクを保有者欄に掲載することが可能です。そのため、インフルエンサーに自分の名前を認知してもらうことができ、またほかのファンに対してもこのツイートは自分が持っているということを示すことができます。そして何より、1つのツイートを自分一人が持っているという関係性を作ることができます。

インフルエンサーの一部を所有するという感覚

インフルエンサーのツイートNFTを所有することで、インフルエンサーと継続的なつながりが生まれます。自分がこのツイートを持っているとインフルエンサーもファンも、そして自分も認知することができます。これはこれまでにない全く新しい感覚となり、インフルエンサーとのファンとの新しい関係が築けます。


ファンクラブやライブ配信などとの違い

ファンクラブやサロンとの違い

これまでのファンクラブやサロンはインフルエンサーとファンは1対多の関係でした。それに対して、ツイートNFTは1つのツイートに対して保有者は1人となり、1対1の関係性が築けるという点で違いがあります。

また、ファンクラブやサロンは立ち上げから運営まで多くの労力やコストがかかります。インフルエンサーが本業の時間の合間に運営する必要があり、本来時間を使いたいことに時間を使えなくなってしまうこと、場合によっては運営費がかさんで赤字になることもあります。しかし、ツイートNFT発行であれば、既存のツイートをNFT化してファンに販売するだけで、HEXAを使えば30秒ほどで発行できます。さらに、運営コストなど中間コストもかからないため、ファンからの支援の多くがインフルエンサーにそのまま届きます。

ライブ配信アプリとの違い

ライブ配信アプリなどでライブ配信を行い、投げ銭を得ることの大きな課題は、ライブ配信のためにインフルエンサーの多くの時間が拘束されてしまうことでした。そのため、ライブ配信に毎日のほとんどを費やし、本業に集中できなくなったり、疲れてしまうといった声も多く聞かれました。さらに、ファンに対して投げ銭を継続的にお願いする必要もあり、ファンにとっても金銭的な負担が大きい課題があります。

一方、ツイートのNFT化ではHEXAを使えば30秒ほどで発行可能で、そのために特別に時間を割く必要はありません。また、ファンにとっても投げ銭と違い、支援した金額はツイートのデジタル資産NFTとして残ります。そのため、インフルエンサーは本業に集中し、またファンはツイートNFTを通じて支援することでインフルエンサーが夢をかなえて有名になれば、インフルエンサーも嬉しいですし、ファンにとっても所有するNFTの価値も向上して資産形成につながります。これによって、インフルエンサーとファンはよりお互いに成功を喜べる関係になります。

グッズ販売との違い

グッズ販売の場合は、グッズをデザインしたり、またグッズを仕入れる必要があるために収益が少なくなったり、場合によっては在庫を抱えて赤字になってしまうリスクがありました。また、基本的にはグッズは同じものを複数大量に作成して販売するため、1対多の関係になります。

一方、ツイートNFTでは1つのツイートに対して1つのツイートNFTが紐づくため、1対1の関係が築けます。さらに、デザイン力も不要ですし、在庫を抱えてしまうこともありません。

リアルイベントの違い

リアルイベントは実施に非常に大きなコストと作業が伴います。また、準備も含めると時間的な拘束は大きなものとなります。それによって、インフルエンサー本人だけではなくスタッフも疲弊し、またコロナ禍で実施することによるレピュテーションリスク、そして結局大赤字になってしまうリスクなどを秘めています。

一方、ツイートのNFTでは準備ゼロでインフルエンサー・スタッフの負担にならず、また赤字になることもないという特徴があります。


ツイートNFTの将来性

インフルエンサーとファンの関係づくりに革新をもたらす

ツイートNFTは初期に購入していたファンほど値上がりによってメリットを受けることができ、またファンとインフルエンサーはツイートNFTの所有という形で継続した関係が築けます。さらに、デザイン力や歌唱力が必要なわけでもないため、あらゆるインフルエンサーが発行できるため、インフルエンサーとファンとの関係づくりに確信をもたらすことになると考えられます。

ピカソのモナ・リザのような形ある美術品と同じ扱いになる可能性

ピカソのモナ・リザは世界中のあらゆるところでそのコピーやデジタル上の写真などで鑑賞することができます。しかし、その所有者は一人だけです。そのため非常に高い価値がついています。ツイートNFTも全く同じで、世界中の誰もが見ることができますが、所有者は一人だけです。その一人の所有者として名前を刻める権利は、その人が有名になればなるほど大きな価値を持つ可能性を秘めています。


ツイートNFT発行方法の比較

自分で発行する場合

ツイートNFTはインフルエンサーが自分で発行して販売することもできます。しかし、そこにはいくつかの問題が生じるリスクが潜んでいます。まず最も懸念すべきなのは、 なりすましリスクです。自身のツイートのNFTであっても、だれでもそのURLと画像を入れてNFTを発行してしまうことができます。そのため、自分が発行したNFTではない偽物がファンの間で売買されてしまうと、ファンが損失を被る可能性があります。さらに、NFTのコントラクト(設計のようなものです)が甘いと脆弱性をつかれ、NFTを消されてしまったり、勝手に奪われてしまうリスクがあります。そのため、ファンを守るためにはなりすまし対策がされ、且つ脆弱性のリスクの少ない発行サービスを利用することをオススメします。

なりすましNFT

発行サービスを利用して発行する場合

発行サービスを利用して発行する場合、なりすまし対策や脆弱性のリスクをしっかりと確認してから発行することが必要です。そのサービスでどのようななりすまし対策がされたいるかを確認することがまず第一です。次に、NFTに様々な機能を盛り込んだコントラクトを作っている場合、その追加機能の脆弱性をついた攻撃で、NFTが消失したり奪われてしまうリスクに注意が必要です。どのようなトークン規格を利用しているのか、それは信頼性が高いのかを確認する必要があります。


日本のツイートNFT発行サービスはHEXA(ヘキサ)

発行が簡単(30秒で完了)

HEXA(ヘキサ)のツイートNFT発行サービスは、ツイッター連携によるアカウント認証を行って、発行したいツイートと条件を選ぶだけで30秒で発行申請が完了します。他の多くのサービスと比較し、非常に簡単に発行できるため多くのインフルエンサーの方が発行準備を進めています。

信頼性が高い(なりすまし対策、脆弱性対策)

HEXAでは、独自のHEXA NFTカード、HEXA NFTページの仕組みなどを備え、なりすまし対策に力を入れています。マーケットプレイスなどで勝手にツイートがNFT化されたとしても本物と異なることが分かるため、ファンが偽物のNFTに騙される可能性を大幅に抑えられ、安心した取引が可能になっています。HEXA NFTの仕組みのさらなる詳細はこちら


発行手数料がゼロ(販売額の20%のみ)

HEXAでは、ツイートNFT発行にかかる手数料を負担しています。すなわち、自分で発行する場合は発行手数料がかかりますが、HEXAで発行するのであればかかりません。HEXAでは販売額の20%のスプレッドでの手数料のみとなっているため、実際に発行したツイートNFTが売れなくても費用は掛かりませんので、赤字になることはありません。このように、HEXAではツイートNFTが販売できないと収益にならないため、発行者様と利益が一致します。そのため、発行者様のNFTが実際に販売されるようサポートさせていただいております。


HEXA(ヘキサ)でツイートNFTを発行・販売する

HEXA(ヘキサ)では簡単3ステップでウェブ上から今すぐに発行申請を30秒で完了できます。

まずは気軽な気持ちで発行してみませんか?