NFT発行事例の徹底比較(国内・海外・サービス・金額・チェーンなど)

       

NFTの登場で、いままで価値を持たせることが難しかったデジタル作品に1点ものとしての価値を付与することができるようになり、さまざまなデジタルコンテンツがNFT化されています。

ここでは、国内外で発行されたNFTのうち、話題になったものや金額の大きなものをピックアップしてご紹介します。下記は日本人による発行事例のまとめ表ですが、日本人以外による発行事例もまとめておりますので、ぜひ最後までご確認ください。

日本人によるNFT発行事例まとめ

日本のサービスでのNFT発行事例

与沢翼のツイートNFT(1,041万円)

実業家として知られる与沢翼さんの第2子誕生を報告するツイートNFTがオークション形式にて販売され、約1,041万円で落札されました。

与沢さんのツイートNFTは、ツイートをNFT化する日本発のサービス、HEXA(ヘキサ)による第一弾案件として発行されました。

最低落札価格が0.03ETH(約7,730円)、期間が2021/06/15(火) ~06/19(土)の5日間(120時間)限定のオークション形式で実施され、開始わずか約2時間で約200万円(7.1ETH)の値をつけ、その後も2日目には約647万円(24ETH)と大きく値を上げました。そして最終日にかけ、多くの新規入札者様が入札され、最終的には約1,041万円(42ETH)で 偉大なるバナおじ様 が落札されました。

なお、今回のオークションでは、落札された価格から手数料を引いた金額すべてが、プレゼントキャンペーンとして与沢さんが厳選した7人のフォロワーの方々へ配布されました。

HEXAではだれもが簡単30秒でツイートNFTを発行・販売することができ、多くのインフルエンサーが販売を始めています。

与沢翼のツイートNFT
NFT発行者与沢翼
発行サービスHEXA(ヘキサ)【日本】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH or 円
発行数1
販売価格42ETH(約10,413,960円)
参考URLURL

PerfumeのNFTアート作品(325万円)

3人組テクノポップユニット、Perfume初のNFTアート作品がオークション形式で販売され、約325万円で落札されました。Perfume結成20周年とメジャーデビュー15周年を記念したNFTです。

作品タイトルは「Imaginary Museum “Time Warp”」で、 2020年のデビュー記念日9月21日に開催したオンライン・フェス「 “P.O.P” Festival(Perfume Online Present Festival) 」で披露され、 Netflixで配信中の「Perfume Imaginary Museum “Time Warp”」のデータから、メンバー3人の象徴的な振り付けのポーズを3Dアート作品として制作したものです。

作品が出品された「NFT Experiment」はライゾマティクス独自のNFTマーケットプレイスで、ブロックチェーンは歴史は浅く、セキュリティ上の問題は指摘されているものの、発行コストの安いMATIC(Polygon)が使われています。

PerfumeのNFTアート作品
NFT発行者ライゾマティクス
発行サービスNFT Experiment【日本】
ブロックチェーンPolygon
購入可能な仮想通貨MATIC
発行数1
販売価格20,000MATIC(約325万円)
参考URLURL

YouTuberヒカルのYouTube動画(130万円)

GMOアダムのNFTマーケットリリースに合わせて目玉商品として出品されたYouTuberヒカルの「当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終をban覚悟で完全公開します」の動画が2021/8/30 から 2021/10/10 まで行われ、1,301,000円で落札されました。

同時にヒカルチャンネルの全サムネイルをアートにしたNFTも771,000円で落札されています。

YouTuberヒカルのYouTube動画
NFT発行者YouTuberヒカル スペシャルコンテンツストア
発行サービスGMO Adam【日本】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨日本円、ETH
発行数1(YouTube動画)、1(全サムネイルアート)
販売価格 1,301,000円 (YouTube動画)、771,000円(全サムネイルアート)
参考URLURL

SKE48NFTトレーディングカード「いきなりトレカ」

名古屋を拠点として活動する日本の女性アイドルグループ、SKE48のNFTトレーディングカード第1弾「いきなりNFTトレカ」が、2020年10月、株式会社coinbookが運営するデジタルトレーディングカードプラットフォーム「NFTトレカ」にて販売されました。

限定100パックの先行Specialパックは完売となりました。「いきなりNFTトレカ」はその後、第2弾、第3弾と発売されていますが、その後は在庫も豊富で完売とはなっていないようです。

NFTトレカは、カードごとに固有の画像・音声・動画等のデータが内包され、購入して中身がわかる形式となっています。

また、2021年6月からは、コインチェックが運営するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」でもSKE48のNFTトレカの取り扱いが開始されました。

SKE48NFTトレーディングカード
NFT発行者株式会社coinbook
発行サービスNFTトレカ【日本】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH、円
参考URLURL
1個当たりの金額1,000円

レプリカ・オタクコインのNFT

レプリカ・オタクコインとは、オタクコインのロゴマークをベースにしたレプリカデザインのNFTです。1万種類のカラーバリエーションがあり、すべてにシリアルナンバーがついているので、それぞれの色には世界に一つのNFTしかありません。

第1弾が2021年5月25日に、第2弾が6月25日にそれぞれ限定100個で発売され、どちらも完売しました。第3弾の販売も発表されています。

レプリカ・オタクコインの販売は、「誰でも簡単に購入できる低価格NFTの実証実験販売」として行われており、レプリカ・オタクコインの価格は1個税込990円で、決済方法もクレジットカードやPayPal、第3弾からはコンビニ決済も利用することができます。

レプリカ・オタクコインのNFT
NFT発行者一般社団法人オタクコイン協会
発行サービスオタクコイン公式ショップ【日本】
ブロックチェーンPolygon
購入可能な仮想通貨
参考URLURL
1個当たりの金額990円

SUSHI TOP SHOTのNFT

「SUSHI TOP SHOT」は、寿司職人の包丁さばきなど技の動画のNFTトレーディングカードです。5月22日に発売された第1弾では、「マグロ」「コハダ」など5種類8枚ずつの計40枚が販売開始1時間で完売しました。価格は、手軽に購入したり交換したりできるようにという意図から、1枚約500円(0.02ETH)に設定されています。

第2弾は、国内のNFTマーケットプレイスである「nanakusa」にて「穴子」「トリガイ」など7種類が販売されています。

なお「SUSHI TOP SHOT」というネーミングは、アメリカのNBAのNFTトレーディングカード「NBA Top Shot」からつけられています。

SUSHI TOP SHOTのNFT
NFT発行者銀座渡利
発行サービスOpenSea【アメリカ】、nanakusa【日本】
ブロックチェーンイーサリアム、Polygon
購入可能な仮想通貨ETH、MATIC
参考URLURL
1個当たりの金額0.02ETH(約500円)

『北斗の拳』漢の死に様シリーズ 南斗六聖拳ボックスのNFT

漫画「北斗の拳」の名シーンを納めたNFTで、限定418ボックス、各4,910円(税込)で販売されました。「南斗孤鷲拳 殉星の男シン」「南斗水鳥拳 義星の男レイ」「妖星の男ユダ」「仁星の男シュウ」「南斗鳳凰拳 将星の男サウザー」各7種類と、「南斗最後の将 ユリア、トウ」3種類の計38種・各77個(シリアルナンバー付き)、合計2926個。うち7個を「ボックス」にまとめ、合計418セットが販売されました。

『北斗の拳』漢の死に様シリーズ 南斗六聖拳ボックスのNFT
NFT発行者株式会社コアミックス
発行サービスFanTop【日本】
ブロックチェーンFlow
購入可能な仮想通貨
参考URLURL
1BOX当たりの金額4,910円

海外のサービスでの日本関連のNFT発行事例

「Doge」かぼすちゃん写真NFT

仮想通貨「Dogeコイン」のモデルである柴犬のかぼすちゃんの画像NFTが、チャリティーオークションで約4.7億円の値段をつけ、落札されました。

かぼすちゃんはインターネット上で有名な柴犬で、かぼすちゃんの写真にセリフなどを書き込む「ネットミーム」が大流行したことで、仮想通貨の「Dogeコイン」が作られました。

オークションの収益の一部は、慈善団体などに寄付されます。

「Doge」かぼすちゃん写真NFT
NFT発行者かぼすママ
発行サービスZora【アメリカ】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH
発行数7
販売価格約4.7億円
参考URLURL

波多野結衣NFTトレーディングカード

セクシー女優として知られる波多野結衣さんが、自身の画像をNFTトレーディングカードにし、限定3000枚でNFT販売プラットフォーム「DODO NFT」で販売しました。

カードは希少性によって6種類に分けられており、購入するとそれらがランダムに出ます。最もレアな10枚には、波多野さんのサインが入れられていました。

販売価格は、一定の枚数が売れるごとに価格が上昇する方式が採用され、最後の2枚には約350万円の値段が設定されており、売れ残った場合は「バーン」(焼却処分、トークンを永久に削除するプロセス)することになっていましたが、販売開始7分で3,000枚すべてが完売しました。

波多野結衣NFTトレーディングカードのNFT
NFT発行者波多野結衣
発行サービスDODO NFT【中国】
ブロックチェーンバイナンススマートチェーン
購入可能な仮想通貨BNB
発行数3,000
販売価格2,377BNB(約1億6,600万円)、1個当たり最大約350万円
参考URLURL

せきぐちあいみのVRアートのNFT

世界的なVRアーティスト、せきぐちあいみさんのNFTアート作品が2021年3月25日、NFTマーケットプレイスのOpenSeaに出品され、約1,300万円(69.697ETH)で即日落札されました。

今回落札されたVRアート作品「Alternate dimension 幻想絢爛」は、せきぐちさんの初めてのNFTアート作品。

せきぐちさんは、Googleが開発したVR用ペイントアプリ「Tilt Brush」を使ってVR空間に3Dアートを描くアーティストとして世界的に有名で、鑑賞者はVRデバイスでVR空間の中に入り、作品を体験することができます。

せきぐちあいみのVRアートのNFT
NFT発行者せきぐちあいみ
発行サービスOpenSea【アメリカ】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH
発行数複数
1個当たりの最大販売額69.697ETH(約1,300万円)
参考URLURL

BABYMETAL 、結成10周年記念トレカのNFT

日本の女性2人組メタル・ダンスユニット、BABYMETAL の結成10周年を記念してNFTトレーディングカードが販売されました。

BABYMETAL の10年間の活動を表した「METAL RESISTANCE全10章」の各章を象徴するデザインのカード10種類と、ベストアルバム「10 BABYMETAL YEARS」のゴールドヴァイナル仕様アナログ盤がセットで、販売数は1,000セット限定、1セットの価格は100ドルに設定されました。

今回のトレーディンカードは販売から数分で完売となり、今後もさまざまなNFTアイテムのリリースが検討されています。

BABYMETAL 、結成10周年記念トレカのNFT
NFT発行者株式会社アミューズ
発行サービスWAX【アメリカ】
ブロックチェーンWAXブロックチェーン
購入可能な仮想通貨WAXP、円
発行数1,000
販売価格10万ドル(1個当たり約1万円)
参考URLURL

人気LINEスタンプ「にゃっちーず」NFTカード

「にゃっちーず」は、「ネコっぽいけどネコじゃない未確認生物(UMA)」というコンセプトを持つキャラクターで、400万ダウンロードを超える人気のLINEスタンプです。

その「にゃっちーず」のNFTカードが、OVOプラットフォームのオークションで販売されました。

出品されたNFTカードは4件で、オークションは1日1件ずつ4日にわたって行われ、最初の2日はあまり振るわなかったものの、3日は62万円、4日は355万円と急上昇し、盛り上がりを見せました。

OVO(the Only Value Observation)プラットフォームは、2021年7月3日にローンチされたNFTプラットフォームで、日本の有名なコンテンツや作家と契約を締結しており、今後これらのコンテンツが順次リリースされていく予定です。

人気LINEスタンプ「にゃっちーず」NFTカード
NFT発行者
発行サービスOVO【香港?】
ブロックチェーンバイナンススマートチェーン
購入可能な仮想通貨BNB、BUSD?
発行数4
販売価格約418.3万円
参考URLhttps://www.ovo.space/#/collection/nyathees

「サウナランド」電子書籍&出版権のNFT

「サウナランド」は、クラウドファンディングを活用して編集者の箕輪厚介さんが編集・創刊し、話題になったサウナ専門誌です。

その「サウナランド」を電子書籍化し、1点のみNFTを発行してオークションが開催されました。NFTには電子書籍のみならず、新しい試みとして電子書籍を出版・販売できる商用利用権が付帯されたことが注目されます。

「サウナランド」電子書籍のNFTは、約276万円で落札されました。

「サウナランド」電子書籍&出版権のNFT
NFT発行者株式会社フィナンシェ
発行サービスOpenSea【アメリカ】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH
発行数1
販売価格6.3814ETH(約2,761,935円)
参考URLURL

西野亮廣氏 新作絵本「みにくいマルコ」のNFT

西野亮廣氏の新作絵本「みにくいマルコ」の画像3点がNFTとしてオークションで販売されました。落札者は画像のオーナーとして、みにくいマルコ公式サイトに掲載され、NFTのオーナーは自身のWebサイトなどに画像を展示できる特典がつけられました。

西野亮廣氏 新作絵本「みにくいマルコ」のNFT
NFT発行者MARCO-CHIMNEY TOWN
発行サービスOpen Sea【アメリカ】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH
参考URLURL
1個当たりの最大販売価格21,857ドル(約240万円)

ももクロNFTトレーディングカード

限定2,288パック、1パック10枚セット(全26パターン)で1パック10,800円(税込)で販売されました。あたりのNFTを買うと「メンバー直筆イラスト色紙ピース」や22枚以上集めるとジョーカーのカードNFTがもらえるなどの特典がつけられて販売されました。

ももクロNFTトレーディングカード
NFT発行者MARCO-CHIMNEY TOWN
発行サービスOpen Sea【アメリカ】、PassMarket【日本】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH、円
参考URLURL
1パック当たりの金額10,800円

海外のサービスでのNFT発行事例

Beepleの「Everydays : The First 5000 Days」のNFT

ネット上で「Beeple(ビープル)」の名前で知られるデジタルアーティスト、マイク・ウィンケルマン氏のNFTアート作品「Everydays : The First 5000 Days」が、約75億円(約6,935万ドル)で落札されました。

この作品は、ウィルケンマン氏が2007年以降毎日作成したデジタルアート約5,000枚をコラージュしたものです。

デジタルアートに約75億円という高額の落札価格がついたことに加え、250年以上の歴史を持つオークションハウスのクリスティーズが純粋なデジタル作品を扱ったことも話題になり、デジタル作品の新しい可能性を示す事例となりました。

Everydays : The First 5000 Days
NFT発行者マイク・ウィルケンマン
発行サービス
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH
発行数1
販売価格約75億円(6,935万6,250ドル)
参考URLURL

CryptoPunks(クリプトパンク)のNFTアート

CryptoPunksは、ピクセルキャラクター作成ツールで作られた24×24ピクセルのデジタルアートです。ニューヨークのソフトウェア会社Larva Labが2017年から順次公開しており、NFTアートの中で最も古いもののひとつであると言われています。

2021年3月には帽子をかぶった宇宙人の画像(punk)がOpenSeaにて約8億1,400万円(4,200ETH)で、また5月にはクリスティーズに出品された9体1セットの作品が約18.5億円で落札されました。

CryptoPunks(クリプトパンク)のNFTアート
NFT発行者Larva Lab
発行サービス
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH
発行数10,000
販売価格約26億円以上
参考URLURL

ティム・バーナーズ=リー氏のwwwソースコードのNFT

ティム・バーナーズ=リー氏は、インターネットの始まりである「world wide web(www)」を考案し、「ウェブの父」と呼ばれるイギリスのコンピュータ科学者です。

そのwwwのソースコードがNFT化され、アメリカ競売大手のサザビーズのオークションで、約6億円(543万4,500ドル)で落札されました。

オークションに出されたNFTには、wwwのソースコード9555行のほか、リー氏が開発について書いたデジタルレターや、コードを視覚化したアニメーションなども含まれています。

このオークションでの収益は、チャリティに寄付されるようです。

ティム・バーナーズ=リー氏のwwwソースコードのNFT
NFT発行者ティム・バーナーズ=リー
発行サービス
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨
発行数1
販売価格約6億円(543万4,500ドル)
参考URLURL

ジャック・ドーシー氏のツイートNFT

Twitter社のCEO、ジャック・ドーシー氏の最初のツイートがNFT化され、オークションで約3億2,000万円の値段をつけて落札されました。

NFT化されたのは「just setting up my twttr」というツイート。NFTオークションサイト「Valuables」にて、オークション形式で販売されました。

ドーシー氏はこのオークションでの収益を、アフリカの貧困に取り組む非営利団体ギブ・ダイレクトリーに全額寄付しました。

ジャック・ドーシー氏のツイートNFT
NFT発行者ジャック・ドーシー
発行サービスValuables
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH
発行数1
販売価格1630.5826ETH(約3億2,000万円)
参考URLURL

エミネムのNFT作品

「エミネム」という名で知られる、世界的なヒップホップMCでラッパーのマーシャル・マザーズ氏のNFT作品がオークション形式で販売され、約1億9,400万円(178万ドル)の値段がつきました。

今回のNFT作品はエミネム初となるもので、エミネム自身がプロデュースしたオリジナルビートを使用ったアニメーションの3作品のほか、トレーディングカードなども販売されました。

一部の限定作品には、サイン入りフィルムアートやエミネムのアクションフィギュアがつけられています。

ミネムのNFT作品
NFT発行者マーシャル・マザーズ3世
発行サービスNifty Gateway【アメリカ】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH、USD
発行数複数
1個当たりの最大販売価格約1億9,400万円(178万ドル)
参考URLURL

EtherRockのNFT

EtherRockは岩をテーマにした100個限定で販売されたNFTです。2017年に販売されたNFTでイーサリアムブロックチェーン上のNFTとしては初期のNFTとなります。EtherRockは、持ち運びや販売が可能で、100個のなかの1つを保有していることを誇りに思うこと以外の目的はないという説明( These virtual rocks serve NO PURPOSE beyond being able to be brought and sold, and giving you a strong sense of pride in being an owner of 1 of the only 100 rocks in the game 🙂 )がされています。

これまでにあるEtherRockは、400ETH(約1億4,200万円)で取引されました。

EtherRock
NFT発行者Ether Rock
発行サービスEther Rock
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH
発行数100個
販売価格あるEtherRockは400ETH(約1億4200万円)
参考URLhttps://etherrock.com/

CryptoKitties(クリプトキティー)のNFT

CryptoKittiesは、デジタルの猫を飼育、交配させて新しい猫を生み出すブロックチェーンゲームです。猫はNFTとして売買することができ、希少な猫が高額で取引されたことから、NFTブームの火付け役となりました。

これまでに最も高い値段がついたのは「ドラゴン」という名前の猫で、600ETH(約1,900万円)で取引されました。

CryptoKittiesの人気は高く、日々新しいデジタル猫が生み出されています。

yptoKitties(クリプトキティー)のNFT
NFT発行者Dapper Labs
発行サービスDapper Labs【カナダ】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH
発行数複数
販売価格ドラゴンは600ETH(約1,900万円)
参考URLURL

Axie Infinityの仮想空間の土地のNFT

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)は、「アクシー」と呼ばれるキャラクターの育成やバトルを楽しむブロックチェーンゲームです。

このアクシー・インフィニティーのゲーム内にある仮想空間の土地NFTが、約1億6,500万円(888.25ETH)でゲームのコミュニティメンバーに落札されました。

落札されたのは、ゲーム内に220区画しかない希少性の高い土地のうちの9区画です。ゲーム内で土地を冒険したり資源を収集したりできるようになるアップデートが予定されており、それに合わせて売買されました。

また、購入した土地を貸し出して賃料を得たり、ゲーム内のイベントを開催して土地の価値を高めたりすることも可能です。

Axie Infinityの仮想空間の土地のNFT
NFT発行者Sky Mavis
発行サービスAxie Infinity【ベトナム】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH、AXS、SLP
発行数複数
販売価格9区画が888.25ETH(約1億6,500万円)
参考URLURL

NBA Top ShotのNFT

「NBA Top Shot」は、NBAの選手が試合で見せたハイライトシーンの動画をデジタルトレーディングカードにしたものです。

手に入りにくい人気選手のカードは高額で取引されており、これまでで最高値がついたのはレブロン・ジェームズ選手のワンハンドダンクのシーンを収めたカードで、約2,270万円で取引されました。

カードのパッケージは発売からすぐに完売になるなど、高い人気を誇っています。

BA Top ShotのNFT
NFT発行者Dapper Labs
発行サービスDapper Labs【カナダ】
ブロックチェーンFLOW
購入可能な仮想通貨BTC、ETH、USD
発行数複数
販売価格約760億円(2021年5月時点)
参考URLURL

HashmasksのNFT

Hashmasks(ハッシュマスク)とはNFTデジタルアートのプロジェクトで、世界中の70人の匿名アーティストにより16384枚のポートレートが作られました。

Hashmasksに描かれているポートレートは、どれもみな仮面(mask)をつけて同じポーズをとっていますが、目の色や肌の色、持ち物などに、アーティストの独自性が現れています。

2021年1月28日に発売された初版は完売し、今はOpenSeaなどで二次流通分を購入することができます。レアなHashmasksには高い値段がつき、そのうちの「光の輪のデーモン」は約6,900万円(420ETH)で購入され、話題になりました。

また、Hashmasksの保有者には、一定数集めると保有しているHashmaskの名前を変更することができるNCT(Name Changing Token)が毎日配布されるのも特徴です。

HashmasksのNFT
NFT発行者Suum Cuique Labs
発行サービス
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH
発行数16,384
販売価格119,413,757円以上
参考URLURL

AIロボットSophiaのアート作品のNFT

AIロボットの「Sophia」によって制作されたNFTアート作品が、約7,500万円(68万8,888ドル)で落札されました。

Sophiaは歩いたり話したりすることのできる、AI(人工知能)を搭載した人型のロボットです。

落札されたNFT作品「Sophia Instantiation」は、イタリア人のデジタルアーティスト、アンドレア・ボナセト氏との共同制作で、ボナセト氏の作品をSopiaが内蔵カメラで読み取り、AIのニューラルネットワークを使って独自の作品に仕上げていく様子が12秒の動画ファイルに収められています。

アート作品の制作のみならず、SophiaはAIの自然言語ジェネレーターを使い、この作品について芸術家らしいコメントまでしています。

AIロボットSophiaのアート作品のNFT
NFT発行者ハンソン・ロボティクス?
発行サービスNifty Gateway【アメリカ】
ブロックチェーンイーサリアム
購入可能な仮想通貨ETH
発行数1
販売価格約7,500万円(68万8,888ドル)
参考URLURL

「Test」と書かれた文字のNFT

仮想通貨取引所のFTX Internationalの創設者のサム・バンクマンフリード氏によって書かれた「Test」という文字のNFTが約3,000万円で購入されました。

これは、FTX USのNFTプラットフォームで最初のNFTの販売をテストするために、「Testing Testing123#1」とタイトルをつけ最初のNFTとして販売したところその話題性から27万ドルの値段がつきました。

est」と書かれた文字のNFT
NFT発行者FTX US
発行サービスFTX US
ブロックチェーンSolanaチェーン
購入可能な仮想通貨Solana
発行数1
販売価格約3,000万円(27万ドル)
参考URLhttps://ftx.us/vi/nfts/token/291222296035270197