NFTマーケットの徹底比較(国内・海外・決済方法まで)

       

NFTとは

NFTがない世界ではデジタル作品に資産的な価値を見出すことは困難でした。デジタル作品はオリジナルと全く変わらないコピーを簡単かつ無限に作ることができるからです。しかし、近年のブロックチェーン技術の登場により、それは一転しました。NFTを発行することにより、デジタル作品に「一点もの」としての価値を付与することが可能となったのです。 デジタルコンテンツの常識を覆したNFTに、いま注目が集まっています。

NFTとは

上記はNFTを理解するための概念的な例えです。電子メールなどで画像データを送信すると、その画像データは複製されて、送信元と送信先両方にコピーされて残ります。NFTがない世界では、データは無限にコピーされていました。しかし、NFTの場合はNFTを相手先に送付すると、送信元からは消えてしまいます。データ自体が消えるわけではなく、NFTの所有権が相手先に移転するようになります。この技術により、これまで現実世界に存在する1点物のやり取りと同じことが、インターネット上でもできるようになりました。

上記もNFTの技術的な概念を理解するための図ですが、このデジタルデータに所有権を持たせるための仕組みにブロックチェーンの技術が使われています。これまで、デジタルデータの所有権を示すためには、銀行などの中央集権的な期間が必要でした。その期間がこの人がこのデータを持っているという台帳をもっていて、それで所有権を明確化していたのがブロックチェーンのない時代です。しかし、ブロックチェーン技術が登場し、そういった中央集権的組織に依存せずに世界中のノードと呼ばれるコンピューターが同じデータベースを所有する(分散台帳)ことで、データの所有権を1つに特定できるようになりました。


NFTマーケットとは

NFTマーケットとは、そういったデジタルデータをデジタル資産NFT化して販売し、さらにそれを購入・保有して転売までできる機能を備えたサービスのことです。NFTマーケットには世界最大のOpen Sea(仮想通貨・ウォレットが必要)から、日本最大級の仮想通貨・ウォレットが不要なHEXA(ヘキサ)などを筆頭に様々なマーケットが存在しています。今回はそれらのNFTマーケットをジャンル別に分けてご紹介します。


NFTマーケットの比較分類(C2C or B2C、円 or 仮想通貨)

NFTマーケットを分類する軸として、C2C型かB2C型か、そして円決済か仮想通貨決済かが一つの分類方法として挙げられます。この軸で分類すると下記の通りとなります。


C2C(マーケットプレイス)型かB2C(自社販売)型か

まず1つの軸として、マーケットプレイス型(C2C型)か自社販売型(B2C型)かを挙げることが出来ます。マーケットプレイス型では、だれでも自由にNFTの一次販売(自分で作ったデジタルデータをNFT化して販売)することが出来ます。

世界最大級のOpen Sea(オープンシー)はウォレットとガス代(仮想通貨)があればだれでもNFTの一次発行と販売を行うことが出来ます。日本最大級のHEXA(ヘキサ)ではツイッターアカウントさえあれば誰でも費用をかけずにNFTの一次発行と販売を行うことが出来ます。

Symbol XYMのCOMSAも日本円決済での購入もできますが、Symbolウォレットは必要になりますが、だれでも発行することが出来るマーケットプレイス型です。nanakusaやSBI NFTもウォレットと仮想通貨があればだれでも発行ができるOpen Seaと同様の機能を持つマーケットプレイスとなっています。

一方、海外のNBA Top Shotはプラットフォーム側が提供するコンテンツのNFTを購入できますが、一般の方がだれでも発行できるものではありません。楽天NFTやLINE NFTも同様に有名コンテンツをプラットフォーム側で販売する自社販売型(B2C型)のマーケットとなっています。ただし、自社販売型でも購入したNFTの二次転売はできます。なお、GMO Adamについては誰でも発行できるものではありませんが、発行者として事前に申請を行い、審査を経て発行という形ですので、境界線上に記載しております。

仮想通貨またはウォレットが必要か否か

次の軸として、ETHやMATIC、XYMなどの仮想通貨がないと発行や購入が行えなかったり、MetaMaskやSymbo XYMウォレットがないと発行や購入が行えないマーケットか否かという点が挙げられます。Open SeaでウォレットをもってNFTを保有している日本人ユーザーは巷では約1万人程度といわれています。暗号資産交換業者にて口座を開けて暗号資産を購入し、その暗号資産をMetaMaskやSymbolウォレットなどに送付し、そこからサイトに接続するというハードルがあるため、多くの一般のユーザーには依然としてハードルが高いと考えられます。

そのため、IPコンテンツを保有される企業様やファンを持つインフルエンサーの方も、NFTを発行してファンとのつながりを作ろうとしても、ほとんどのファンの方が仮想通貨やウォレットを持っておらずに、NFTの発行を行うハードルがありました。そこで、HEXA(ヘキサ)をはじめとして、楽天NFTやLINE NFTなどは日本円でのクレジットカード決済が可能であり、かつウォレットも必要ないことから、多くのインフルエンサー、企業の方がNFTの発行を行い、仮想通貨やウォレットを持たないユーザーとNFTを介してつながりが生まれ始めています。


NFTマーケットの比較分類2(チェーン・出庫)

NFTマーケットを分類する他の軸として、パブリックチェーンかプライベートチェーンか、そして出庫の難易度がもう一つの分類方法として挙げられます。この軸で分類すると下記の通りとなります。


パブリックチェーンかプライベートチェーンか

次の軸としてNFTがどのような種類のブロックチェーン上に発行されるかという点があります。こちらは、パブリックチェーン(イーサリアムチェーン、ポリゴンチェーン、シンボルチェーン)の場合はNFTマーケットのサービスが終了してもパブリックチェーンが存在していれば、NFTそのものは残ります。一方、プライベートチェーンの場合はNFTマーケットのサービスが終了するとNFTそのものも消えてしまうといった違いがあります(ただし、サービス終了時にはパブリックチェーンに出庫できるというものもあります)。

どちらのチェーンが良いかはメリット・デメリット双方あります。NFTはデジタルデータに価値があることを皆が認めたときに価値化されるものですので、プライベートチェーンでもそこに価値が認められているものであれば価値が高まります。プライベートチェーンであれば、ガバナンス(運営者があとから自由に管理できるので、セキュリティ上問題が起きても対応できる)面はより強固になるメリットがあります。パブリックチェーンはプライベートチェーン異なり、NFTとして出庫するとそのNFTをサービス側でも管理できなくなってしまうというデメリットはありますが、そのこと自体をNFTの価値として見る向きもありますので、特徴を理解したうえで選択されることをお勧めします。

世界最大級のOpen Seaはイーサリアム、ポリゴン、ソラナチェーンに対応しており、日本最大級のHEXA(ヘキサ)はイーサリアム、ポリゴンチェーンに対応するパブリックチェーン型のNFTマーケットとなります。なお、GMO Adamについては、購入者が出庫手数料0.05ETH(1ETH=30万円計算で1.5万円の手数料)を支払うことで、出庫して初めてパブリックチェーンに書き込まれます(それまではプライベートチェーンとなります)。そのため、プライベートチェーンとパブリックチェーンの中間地点に記載しております。購入者が0.05ETHの手数料を支払うことで初めてプライベートチェーンに書き込まれます。楽天NFT、LINE NFT、HABETは全て独自のプライベートチェーン上のNFTとなります。


NFT出庫の難易度について

また、HEXAについてはウォレットを不要としていることから、ユーザーがNFTを購入した段階ではパブリックチェーン上にNFTは発行されておりますが、HEXAのウォレットで預かっている状態となっています。この預かっているNFTについてはユーザーが手数料無料でいつでも出庫して自分のウォレットに送ることが出来ます。なお、一度送ってまたHEXAに入庫する場合は送付手数料のガス代が仮想通貨で発生します。Open Seaやnanakusa、SBI NFTはOpen Seaと同様で、ウォレットとか通貨を持たないと取引できず、各自のウォレットでの取引となっています。GMO Adamについては上記で述べた通り、出庫時に0.05ETHと、約1.5万円程度の手数料が発生する形となります。


その他の技術的な比較点(ガバナンス/オンチェーン)

その他にもブロックチェーン間での比較、NFTの元データとなるデータの保管方法での比較など様々な比較点があります。これらはやや技術的な比較になりますので、こちらの記事( 所有権証明型とオールオンチェーン型どっちがいいの? )も併せてご確認ください。