書道家「陣内雅文」による47都道府県の非代替性印(NFT)

       

HEXA(ヘキサ)で非代替性印(NFT)を販売される、書道家「陣内雅文」様( @shodojin_ )に今回NFT化された作品のこだわりや、ファンの皆様へのメッセージなどをインタビューさせていただきました。



陣内雅文様インタビュー

Q1.自己紹介をお願い致します

広島で書道家として活動しております、陣内雅文(じんのうちまさふみ)と申します。

「想いをコトバに、声をカタチに」をテーマに、マツダUSA×ナショナルジオグラフィックのPVに出演させていただいたり、Jリーガーに書を書かせていただいたり、その他さまざまな作品制作、デザイン制作を行っております。

最近は企業理念の書作品も多く納品させていただいております。


Q2.NFTを発行・販売されたきっかけや理由を教えてください

書は一期一会で、同じ作品は二度と作ることができないというところに現物の作品価値があるのですが、それと同じようなことがデータでできないかなと思っていた時に知人からNFTのことを教えてもらい、面白そうだなと思って始めました。


Q3.NFT化されたお写真についてのこだわりなどをお聞かせください

通常作品には自分の名前や雅号の印を入れるのですが、そこに僕の場合はNFTを意味する「非代替性印」と書いてある印を押しています。

僕はこの印を書道NFTの中でしっかりと育てていって、ゆくゆくはいろんな書道家さんの書道NFTにも利用してもらって、この印があることがひとつの価値になっていったらいいなと思っています。

そうすることで書道が広まり、NFTに限らず書道というものがさらに価値あるものになっていったら最高ですね。


Q4.最後にファンの皆様へ一言お願いします!

10年前、広島の路上で日本語の分からない日系アメリカ人に漢字で名前を書いたところから僕の書道家人生は始まりました。

「書でたくさんの人を元気にしたい」その思いで、今日まで書を書いてきました。

身近な言葉をどんどん書にしていきたいと思っていますので、お楽しみいただければ幸いです!

よろしくお願いします!


書道家「陣内雅文」の47都道府県NFT(東北セール)

■販売されるNFTについて

青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島(東北エリア計6個)

■販売期間について

3,000円、先着順

■販売期間について

2022年5月16日(月)21:00~5月23日(月)23:59


NFTを用いてデジタルデータに1点物のオリジナルとしての所有権を付与することができるようになりました。ルーブル美術館に展示されているモナリザのように、世界に1つだけのオリジナル作品データを購入してみませんか?

保管場所やメンテナンスなど一切不要で、世界中のだれとでもいつでも売買することができます。転売によって将来値が上がれば、ロイヤリティという形で作者にも還元できる仕組みとなっています。是非あなたの好きな作品を所有されてみてはいかがでしょうか?